HOME » 港区のオススメ賃貸事務所物件例

港区のオススメ賃貸事務所物件例

ここでは港区にある賃貸事務所物件の賃料相場をエリア別に紹介。各エリアの特徴についても解説しています。

港区各エリアの賃貸事務所賃料相場

港区は多くの企業が本社を構える日本最大のビジネスエリア。都内で最も事業所数が多い区となっています。

賃料は全体的に高い傾向にありますが、古くからあるビジネスアリアと再開発エリアで格差が生じ2極化している面もあるようです。

エリアごとの賃料相場を表にまとめてみましたので、現在どのような状況になっているか把握するようにしましょう。

  20坪~30坪 30坪~50坪 50坪~100坪 100坪~200坪 200坪以上
新橋エリア 16,400円 17,100円 17,800円 24,100円 28,700円
虎ノ門エリア 15,300円 17,400円 19,500円 25,000円 29,800円
赤坂エリア 14,800円 17,000円 19,100円 25,000円 30,400円
青山エリア 20,500円 18,500円 20,400円 27,800円 29,800円
六本木エリア 15,100円 14,700円 18,000円 21,800円 36,000円
浜松町エリア 13,800円 14,800円 17,900円 22,700円 32,500円
品川エリア 19,400円 15,700円 20,700円 22,500円 29,500円

港区各エリアの特徴

港区はオフィスや大使館などが集中する地区、お洒落な店舗が立ち並ぶ商業地区、昔からの自然が残る地区などエリアごとに様々な顔を持っているのが特徴です。

新橋エリア

古くからサラリーマンの街としても知られ鉄道発祥の地としても有名。汐留地区の再開発によって新旧が混在する中、新たなビジネス街として今後が期待される人気のエリアです。

>>新橋エリアについてもっと詳しく見る

虎ノ門エリア

日本でも有数のビジネス街で有名な大企業や外資系企業が多く集まっているのだとか。交通アクセスに恵まれており、虎ノ門ヒルズの完成により、今後は商業も含めた複合都市への発展が期待されています。

>>虎ノ門エリアについてもっと詳しく見る

赤坂エリア

古くから武家屋敷が集まる地域として栄え、現在は高級住宅街とビジネス・商業エリアに分かれて発展しています。高級イメージとともにメディア・広告業や外資系企業に人気が高いエリアです。

>>赤坂エリアについてもっと詳しく見る

青山エリア

港区の中でも特にお洒落なイメージが強く、高いブランド性を求める外資系企業、アパレル系、IT関連企業に人気があるようです。表参道ヒルズのオープンにより注目度がさらにアップしています。

>>青山エリアについてもっと詳しく見る

六本木エリア

国際色豊かな商業都市のイメージが強いエリアですが、六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどの大型複合施設完成によりオフィス街としての認知度が高まり、外資系企業やIT系企業に人気があります。

>>六本木エリアについてもっと詳しく見る

浜松町エリア

都内でも有数のビジネス街として知られ古くから大手企業がオフィスを構えています。港区の中では賃料に割安感がありますが、再開発巨大プロジェクトが進行中なので今後の活性化が期待できるでしょう。

>>浜松町エリアについてもっと詳しく見る

品川エリア

高輪と港南に分かれ、港南には大企業の本社が入る超高層ビルが立ち並んでいます。品川駅リニューアルにより往来がスムーズになり、交通の便もよいことから新たなビジネス拠点として注目されているようです。

>>品川エリアについてもっと詳しく見る

港区の賃貸事務所不動産会社ランキング