移転にかかる費用

ここではオフィス移転をする際に考えておかなければいけない費用について解説しています。

段階別オフィス移転時の費用相場

オフィスの移転に関わる費用は、退去時にかかる費用、引越し時にかかる費用、新オフィス開設費用の3つに分けることができます。

それぞれ、どのようなことに費用が発生するのか、だいたいの相場も含めて説明することにしましょう。

退去時にかかる費用

原状回復費用
賃貸物件は借主の故意または過失による損傷や汚れなどを退去時に借りた時の状態に戻さなければなりませんが、その際にかかる工事費用です。事務所の使い方によって費用は変動しますが、概ね4~5万円×坪数がかかると考えておけばよいでしょう。
返還される保証金から差し引かれることも多いですが返還時期は3~6ヶ月後になります。
明渡しまでの賃料など
明渡しまでに賃料が発生する場合は月の途中でも日割りにして賃料や光熱費を支払うことになります。解約予告を6ヶ月前に行なっていて、それより前に引越しを完了しても解約期日まで家賃が発生するということがありますので注意が必要です。

引越し時にかかる費用

引越費用
オフィスが小規模だったり移転先がすぐ近くという場合は社員だけで引越作業を完了させるということも可能ですが、通常は引越業者に依頼するので費用がかかります。
社員一人につき3万円前後が相場と言われていますが、作業範囲や業者によって費用は違ってきますので何社か見積を依頼して比較検討することが重要です。
廃棄処理費用
不要になった什器やオフィス家具などを処分するためにかかる費用で2tトラック1台で8万円程度が相場です。機密書類の溶解やハードディスクの破壊など特別な処理が必要な場合は別途費用が発生します。
古物商許可の業者の場合は買い取り対応をしてもらって費用が軽減することもあるので事前に相談しておくとよいでしょう。

新オフィス開設費用

賃貸契約費用
不動産会社を介して新オフィスを探す場合には仲介手数料が発生します。相場は賃料の1ヶ月分程度です。さらに契約時には預託金や保証金という名目でお金を用意することが必要で、賃貸事務所の場合は家賃の10~12ヶ月程度が相場です。
その他、一般的には前払い賃料が必要ですが、フリーレントに対応しているところは数ヶ月賃料が無料になります。
オフィス家具・什器購入費用
オフィス家具や什器などはそのまま使えるものは転用しますが、以前より広いオフィスに移転する場合などは新規に購入することもあります。できるだけ費用を抑えるためには新品ではなく中古家具を購入するなど工夫が必要です。
内装・インフラ整備費用
パーティションや壁紙、床など内装工事をするには費用がかかります。内容にもよりますが10~15万円×坪数くらいを予算として考えておけばいいでしょう。
内装工事と同時に必要となるのが電気・電話・LAN配線などのインフラ整備費用です。工事費は坪当たり1~2万円程度が目安です。

以上がオフィス移転の際にかかる費用の代表的なものですが、新オフィスの設備や内装工事費用は内容にとってかなり変動しますので、あらかじめ優先順位を決めて予算を組むことが重要です。

港区の賃貸事務所不動産会社ランキング