HOME » オフィス&事務所移転マニュアル【チェックリスト】 » 【特集】良い賃貸事務所の選び方

【特集】良い賃貸事務所の選び方

ここでは、賃貸オフィスの選び方ポイントや良い物件を見つけるためのコツについて解説しています。

賃貸オフィスを選ぶ際のポイント

オフィス移転の目的は様々あり、それによって選ぶための条件も変わりますが、端から物件情報を眺めているだけでは迷うだけでなかなか決まりません。

そこで、オフィス選びをする時に押さえておきたいポイントについて整理してみました。

>>賃貸オフィスの物件が多い仲介不動産会社をチェックする!

立地・交通アクセス

来客が多い会社の場合は、立地やアクセスは重要なオフィス選びのポイントになります。できれば現地に行って実際に歩いてみることが一番です。

最寄り駅から迷わずに行けるか、来客用の駐車場を確保できるかなどを確認。銀行や郵便局、コンビニ等が近いなど、社員が快適に仕事をするための周辺環境も大切です。

有効面積と天井高

有効面積とは、延床面積から階段やトイレなど共用面積を除いたものです。契約書記載の契約面積は、専用面積のみの場合と共用面積が含まれる場合がありますので注意が必要です。

意外と盲点なのが天井高。快適な環境を得るためには2.6m以上が望まれますが、平面図だけではわかりにくいので物件データをよく確認するといいでしょう。

賃料(坪単価)・共益費

月額賃料や共益費、保証金などを確認します。共益費に関しては賃料に含まれる場合もありますし、賃料や共益費の中に電気代・水道代が含まれるなど様々なケースがあるので、不明な点は残さずに不動産会社に確認することが大切です。

坪単価ばかり気にしていると重要なポイントを見落とすこともありますので注意してください。

設備・インフラ環境

電気容量、空調設備(エアコン)、エレベーターの数など、設備が整っているかどうかは事務所選びには欠かせない条件となります。

電話・インターネット回線などは古いビルでは増設できないといったこともありますので、会社の業態に合わせたインフラ環境を構築できるかがポイントになります。

セキュリティ・管理体制

建物のセキュリティシステムや維持管理体制を確認します。警備は有人のところやコンピュータによる24時間対応システムなど様々ですが、オートロックなどの防犯・防災面で安心できるかしっかりと確認したいところです。

建物の使用時間が制限されている場合がありますので、残業や休日出勤が多い会社は要注意です。

以上、賃貸事務所選びのポイントについて解説しましたが、自社だけの物件探しには限界があります。

良い物件に出会えるかどうかは、膨大なデータの中から希望条件にマッチした物件を見つけて提案できる仲介不動産会社の力が大きいと言えます。そのためには、信頼できる会社をどうやって見つけるかが重要になります。

港区の賃貸事務所不動産会社ランキング